僕はミスチルファン♪
同じミスチルファンに聴いてもらいたい曲を紹介するブログです。
隠れた名曲にブレイクしそうなバンドetc。試聴リンク探索中~♪

            ミスチルの楽曲のキー調査はこちら


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村


【--/--/-- --】 // スポンサー広告


最近せわしない毎日が続いております
フェスの感動冷め遣らぬ間にレポ書き上げたかったんですが・・・
今日も最後まで辿り着けないと思うので、
「トータス松本編」ってことでピントを絞って書きます。

10.ええねん - トータス松本+Bank Band【ウルフルズ】
11.暴れだす -               〃
12.バンザイ~好きでよかった~ -   〃


「エレキギター持つの久しぶりだなぁ~」

桜井さんがそう呟きギターを持ち変える。
次に誰が登場するかを見当するに充分過ぎる伏線である

長く伸ばした、というより伸びてしまった髪を、
サッカー日本代表の鈴木のようにゴム紐で束ねたワイルドな男、
トータス松本の登場である。

早速エレキギターの尖った音が鳴り始める。
一曲目「ええねん」では、トータス松本の小細工の全くない
ストレートな歌声に桜井さんが

「ええねん ええねん え~え~え~ええねん!!」

とコーラスを被せる。
その様子は観客のために音楽を演奏するというよりは、
自らを楽しんでいるかのようであり、見ていてとても清々しいものだった。

二曲目「暴れだす」は原曲よりもゆっくりとしたテンポで、
何て言ったらいいんだろう・・・
ものすごく“重厚なサウンド”であった。
ワインレッドの照明に照らし出されたステージで、顔をくちゃくちゃにしながら
魂を込めて叫ぶトータス松本

ウルフルズの「暴れだす」とは違う魅力がそこにはあった。

ここでトータス松本のMCが入る

「Mr.Childrenとウルフルズはデビューの年が全く同じで・・・
 ともに同じライブハウスで頑張っていた仲で・・・
 こうして再び同じステージの上で共演できるってことはとても嬉しい・・・」

みたいなことを喋っていた。

「何て言うかな~ も~ほんとにほんとに~・・・」

所々で言葉につまり、それでも何とかこみ上げてくるものを表現しようとしていた。
“喋る”というよりは、声帯という体の一部を使ったボディーランゲッジのようで
あった


ラストナンバーは「バンザイ~好きでよかった~」
サビの所で会場全体がバンザイをする。
知らずと知れたメジャーナンバーに会場が一体となった瞬間であった。


ウルフルズ、昔はメロディーが単調だったり、歌詞がストレート過ぎたりで
あんまり好きじゃなかったんだけど、最近ちょっとマイブームがきてます
関連記事
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村



管理者にだけ表示を許可する
http://string02music.blog24.fc2.com/tb.php/37-41322c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
リンク

 ミスチル関連サイト  紹介文
Mr.Children Official Site ミスチルのオフィシャルwebサイトです。
Mr.Children World!! 僕はミスチルの最新情報をここでチェックしてます!!
Memories of Mr.Children ミスチルの残してきた軌跡が綺麗にまとめられています。
MIDIもGOOD♪
ap bank 桜井さんが参加しているap bankのwebサイトです。
 お気に入りblog  紹介文
ちょっと、寄り道。 GLAY・バンプetcずき、綾茜さんが綴る日記です。
Heppoko日記2 よく遊びに来てくれるsoccer_boys2さんの日記調ブログです。

人気blogランキング Music Flash にほんブログ村 音楽ブログへ ランキングナビ

Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 「ミスチルファンの音楽数珠繋ぎブログ」 all rights reserved.
プロフィール

nuts

Author:nuts
1993年
CROSS ROADを聞き、
以来ミスチルの虜となった♂

カテゴリー
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。